シャイニーアップルジュース
mail sitemap
シャイニーはりんご作りを大切にしています。
トップイメージ

会社案内

社名 青森県りんごジュース株式会社
代表者名 竹鼻孝為稚
企業
理念
  • 一、地域社会への貢献
    私達は 青森県の基幹産業の一環である りんご加工産業の発展に努力し  誠意を持って地域社会の活性化に貢献することを使命とする
  • 一、健康 安全 おいしさの追求
    私達は お客様の「おいしい」と言っていただける声を一番の喜びとし  安全で健康的なおいしい食生活の提供を追求する事を使命とする
  • 一、こだわりのある食文化への挑戦
    私達は 果実加工に総合的に取り組み「本物の味」にこだわりつづけより高い技術水準を目指し  研究心を持って挑戦することを使命とする
所在地 【本社および工場】
〒036-0516 青森県黒石市相野178番地2号
TEL 0172-52-2321(代) FAX 0172-59-1055
設立 昭和32年1月17日
設立の経緯 青森県は、りんご産業の振興を目的に、官民出資による青森県林檎振興株式会社を設立しました。
その後、りんごジュースの販売を担うために弊社が設立されました。
振興会社は解散となり、製造部門を譲り受け、現在に至っております。
シャイニーの由来 「シャイニー」「Shiny」
当時はジュースといえば透明なものだという概念がありましたが、 発明されたりんご混濁ジュースは、 太陽のように光輝く乳白色のようでした。 その素晴らしい発色のイメージと、語感の響きから「シャイニー」と命名いたしました。
資本金 2億9,500万円
【主要施設】
管理棟と品質管理室 512.78平方メートル(155坪)
第一工場 1,481.31平方メートル(448坪)
◎主な設備◎缶ジュースの充填ライン、テトラパックの充填ライン、 濃縮果汁の製造ライン、無菌充填ライン
第二工場 1,232.4平方メートル(373坪)
◎主な設備◎りんごの搾汁ライン、ストレート果汁と濃縮果汁の製造ライン、 無菌充填ライン、ボイラー2基
第三工場 1,824.35平方メートル(552坪)
◎主な設備◎ビンの充填ライン、ボイラー2基
冷凍庫 3棟 2,387.96平方メートル(723坪)
-30度前後で果汁製品を冷凍保管
冷蔵庫 3棟 3,879.44平方メートル(1.175坪)
3度前後で果汁製品を冷蔵保管
製品倉庫 3棟 2,775.99平方メートル(841坪)
常温で製品保管
生産品目 りんご果汁 約3,000,000kg/4分の1換算(混濁および透明ストレート、濃縮)
その他 アップルピューレ、アップルパルプ、りんご香料
経歴
【昭和32年01月】 青森県黒石市ぐみの木西家岸1番地に設立
出先機関東京駐在所設置
【昭和33年10月】 農林省より混濁果汁の製法特許を受ける
天然果汁の缶入りりんごジュースをシャイニーの商標で発売
【昭和34年12月】 果汁真空濃縮装置を設置、濃縮果汁の製造開始
【昭和49年11月】 本社社屋、工場、製品倉庫を新築落成し、現在地に移転
旧本社を第二工場と称す
【昭和52年12月】 冷凍倉庫新築
【昭和55年10月】 機構の改正により東京駐在所を営業所に名称変更
【昭和58年07月】 Shiny シャイニー印の商標を登録
【平成02年01月】 インタセプトドラム缶無菌充填設備設置
【平成03年08月】 ベルトプレス搾汁ライン設置
【平成05年06月】 1億4千万円増資、資本金2億9,500万円、資本準備金7千万円
【平成07年11月】 第二工場を本社敷地内に新築移転。瓶詰ライン専用工場体制確立
【平成08年01月】 東京営業所を東京支店に名称変更
【平成13年10月】 冷蔵倉庫並びに冷凍倉庫増設
【平成18年05月】 液化窒素タンク設備
【平成18年06月】 主ボイラーに貫流ボイラー設備を導入
【平成24年08月】 ISO9001:2008取得
受賞
【昭和52年10月】 労働大臣表彰(中高年齢者雇用)
【昭和58年10月】 (社)日本食品衛生協会賞受賞
【昭和63年10月】 厚生大臣表彰(食品衛生優良施設)
【平成04年12月】 労働大臣表彰(雇用保険制度の円滑な運営に寄与)
【平成05年11月】 農林水産大臣賞受賞(経営の近代化、生産性向上、食品産業の振興発展に寄与)